TOPへ
THE ORGANIZATION OF ADVERTISING CREATION
OAC 社団法人 日本広告制作協会
OAC総合賠償責任保険
「OAC総合賠償責任保険」

OAC総合賠償責任保険とは?

公益社団法人日本広告制作協会は、2010年7月より広告の企画・制作業務における制作会社側の過失で、クライアントなどから損害賠償請求を受けた際に補償が受けられる"団体保険制度"をスタートしています。

この保険の特長は、広告表現によって起きた名誉毀損や、著作権侵害、個人情報漏えいなどが保険金支払いの対象になります。また、印刷物の誤植が原因でクライアントや迷惑を被った第三者から損害賠償請求を受けた場合などにも支払われます。事故が起こった際の弁護士費用や謝罪広告などの費用についても、オプションでカバーすることができます。業務に起因する損害の場合、支払限度額は2000万円(免責25万円)。

保険料は加入社の売上高によって変動し、例えば年商1億円で61,780円。年商10億円で321,240円(年額)。売上高の高い企業ほど保険料も高くなる仕組みとなっています。
この保険は、業界初の団体保険として相互扶助に基づき設計されているため、単独で加入する場合の3分の一〜5分の一の保険料となっています。

詳しくは、公益社団法人 日本広告制作協会(OAC)事務局
TEL.03-3561-1220 もしくは E-mail:mikami@oac.or.jp まで。


copyright(c)OAC.All rights reserved.